固形化補助食品

リフラノン

従来の市販とろみ調整食品ではなかなかとろみがつかなかった濃厚流動食。
業界初!濃厚流動食専用の半固形化補助食品です。

特徴

  • 簡単に、経腸栄養剤・濃厚流動食を半固形化できます。
  • ●ヨーグルトのようなとろみ~プリンのようなゲル状まで調整できます。
    ●加熱や冷却の必要なし!使いたいときにすぐ作ることができます。
    ●種々の濃厚流動食に使えるので、今お使いの濃厚流動食にもご利用いただけます。
    ※たんぱく質の少ない濃厚流動食や、消化態栄養剤、成分栄養剤、一部の濃厚流動食ではとろみがつきにくく、固まらない場合があります。
  • すばやく、とろみづけや固形化ができます。
  • 30秒ほどかき混ぜている間にとろみがつき始め、5分ほどでとろみやゲル(固形)の状態が安定します。

  • ダマになりません。液状なのでダマにならず、再調整も簡単です。
  • べたつきのないまとまった状態でそのまま飲み込めるので安心です。
  • かき混ぜても再凝固します。
  • プリン状に固めたゲルを1度くずしても、しばらくすると元の状態に戻ります。
    また、ゲルをくずした際の、離水もありません。
  • 味や風味を変えません。
  • ●濃厚流動食の味や風味を損ないません。
    ●混ぜたものを冷やし、デザートとしてもお召し上がりいただけます。

ご使用方法

  • 濃厚流動食に本品を適量入れます。
  • 均一になるよう30秒ほどよくかき混ぜます。
  • 5~10分置くと、とろみやゲルの状態が安定します。


●本品や濃厚流動食は室温(20~25℃)でそのままご使用ください。
●水やお湯で薄めた濃厚流動食では半固形化しにくくなります。
●開封後はただちにご使用になり、残りはご使用にならないでください。

リフラノン ご使用方法

▲ページのトップへ戻る

使用上の注意

●濃厚流動食専用です。水やお茶など他の飲料は固まりません。
●ナトリウムやカリウムの影響を受けますので、電解質(食塩等)の添加はご遠慮ください。

●温度によりとろみやゲル(半固形)の状態が異なりますので、リフラノンの量で調整してください。
●濃厚流動食は、よく混ぜてからご使用ください。
●内容液が飛び散らないよう注意して開封してください。
●沈殿物が生じることがありますが、品質には問題ありません。
●リフラノンは、冷凍しないでください。
●リフラノンは、必ず医師・歯科医師・管理栄養士等の指導によりご使用ください。
●医薬品に使用される場合は、必ず主治医の指導のもとにご使用ください。
●品質には万全を期しておりますが、におい・味に異常のあるものは使用しないでください。

▲ページのトップへ戻る

ご使用量目安

▲ページのトップへ戻る

栄養成分

■リフラノン (25g当り)
エネルギー(kcal) 水分(g) たんぱく質(g) 脂質(g)
7 23 0 0
炭水化物 灰分(g) ナトリウム(mg)
糖質(g) 食物繊維(g)
1.6 0.3 0.1 13
カリウム(mg) カルシウム(mg) リン(mg) (mg)
23 2 0 0
食塩相当量(g)
0
■リフラノン (100g当り)
エネルギー(kcal) 水分(g) たんぱく質(g) 脂質(g)
27 92 0 0
炭水化物 灰分(g) ナトリウム(mg)
糖質(g) 食物繊維(g)
6.3 1.0 0.4 50
カリウム(mg) カルシウム(mg) リン(mg) (mg)
90 6 0 0
食塩相当量(g)
0.1

▲ページのトップへ戻る

原材料

デキストリン、増粘多糖類

▲ページのトップへ戻る

アレルギー情報

特定原材料 特定原材料に準ずる20品目
リフラノン

▲ページのトップへ戻る

賞味期限

9ヶ月

▲ページのトップへ戻る

規格

●(25g×30袋)×8箱/ケース
●100g×40袋/ケース

▲ページのトップへ戻る

保存方法

直射日光を避け常温で保存してください。

▲ページのトップへ戻る

Q&A

みなさまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。
こちらのページをご覧ください。

▲ページのトップへ戻る